瞳の奥に潜む危険な病気|緑内障の原因と治療法

先生と患者

加齢による生理現象です

医者

目の前を小さな虫が飛んでいるように感じたらそれは飛蚊症かもしれません。ほとんどが加齢によるものや生理現象なので放っておいても心配いりませんが、網膜剥離などの病気が原因となっていることもあります。病気以外であれば気にしないことが大切です。

Read More..

視野が狭いと感じたら

レディ

緑内障は眼圧が高くなり、視神経を圧迫してしまうことが原因で起こります。進行すると視野が徐々に狭くなっていきます。患者さんの多くが40歳以上です。40歳を過ぎたら、定期的に眼科で検診を受けることが早期発見につながります。きちんとした治療を受けることで症状の進行も抑えられます。

Read More..

40歳から増える眼病とは

笑顔の女性

40歳以上の20人に1人

年齢を重ねると小さな字が読みにくい、ぼやけるなどといった症状を感じるようになります。加齢によって目の機能が衰えてきたことが原因の場合もありますが、白内障や緑内障のような病気が隠れていることもあります。特に緑内障は日本人の失明原因の上位に上がる病気で早期発見と治療が重要です。緑内障は性別に関係なく40歳以上の20人に1人が発症するといわれている眼病です。緑内障は、眼圧が関係していると考えられており、眼圧によって視神経が損傷したことが原因で起こる病気です。緑内障は、慢性と急性の2種類に分けることができます。慢性の場合は痛みなどの症状は全くなく知らないうちに進行していきます。その結果、病気が進行して視力低下や失明に陥ってしまいます。急性は激しい目の痛みや充血、嘔吐の症状が急激に起きます。この場合は急いで病院を受診しましょう。親族に緑内障の人がいる場合は発症する確率が高くなるといわれていますので注意してください。

主な治療方法

緑内障には眼圧が関係しているので、眼圧を下げる点眼薬が2〜3種類処方されます。この方法で改善しない場合はレーザー治療を行います。定期検診で急性の緑内障を発症する可能性があると判断されたら予防するためのレーザー治療を行うこともあります。このほかには眼圧を下げるための切開手術を行うこともあります。治療時間は1時間以内で終了しますので入院することなく日帰りも可能です。忙しい方は日帰り手術を希望しますが、緑内障の症状によっては入院が必要になる場合もあります。ほとんどの高齢者が発症する白内障を併発している場合もあり同時に手術することがあります。白内障を治療することで眼圧が下がるというメリットもあり、白内障と緑内障の症状がある方は同時に手術治療を行っています。

黒い物が動いて見えます

病院

飛蚊症は、目の病気です。黒い影や点のようなものが目の動きにあわせて動いて見えます。硝子体内に原因となる不純物が浮いていて、それが網膜に映るので、目薬などの点眼薬では治りません。レーザー照射は有効な治療法です。

Read More..