瞳の奥に潜む危険な病気|緑内障の原因と治療法

医者

視野が狭いと感じたら

レディ

他人事ではない

最近、見える範囲が狭くなってきたと感じることはありませんか。少しずつ視野が狭くなっていくのは緑内障の初期症状です。目から入ってきた情報を脳に伝える視神経に異常をきたすことが緑内障の原因です。眼圧が高くなり、視神経が圧迫され、つぶされた状態になってしまうのです。進行すると視野がかけ、見える部分が少なくなり普段の生活に影響を及ぼします。徐々に視野が狭くなっていくのは慢性緑内障です。急性緑内障の場合、急激な眼圧の上昇により、頭痛、吐き気、目の痛みなどの症状が出現します。患者の数も多く、40歳以上の20人に1人は緑内障であるといわれています。決して珍しい病気ではなく、誰にでも起こりうる可能性があるのです。

きちんと治療を受ける

見える範囲が狭くなってきたと感じた場合は眼科を受診しましょう。眼圧検査、眼底検査、視野検査などを行い緑内障の診断を行います。早期受診することで、症状の進行を防いだり遅らせたりすることができます。治療は、症状に応じた点眼液を用いる薬物療法から開始されることがほとんどです。より高い治療効果を求めてレーザー治療が行われる場合もあります。また、手術が行われるケースもあり、症状や状態に応じた多様な治療が行われています。眼科を受診しても、処方された点眼液を使用することを忘れてしまう、通院を中断してしまうという方もいます。処方された薬を正しく用い、通院を継続することが症状の進行を食い止めることができるのです。また、40歳を過ぎたら定期的に眼科で検査を受けることが早期発見・早期治療へとつながります。